スポンサーリンク



スマホを保護するケースやシートは100円でも優秀な物が多い

スポンサーリンク

シェアする

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

最近のスマホは強度が上がってきたとはいえ、落とすと簡単にディスプレイにヒビが入ってしまいます。

しかも、修理代がバカになりません。

そのため、多くの人がスマホ用のケースや保護シートを使っていると思います。

私は、今までは、スマホを買うのと一緒にケースや保護シートも買うことが多く、ケースで2000円以上、保護シートで1000円以上の物を買っていました。

しかし、つい先日スマホを落としてしまい、スマホは無事だったのですがケースと保護シートの一部が破損してしまいました。

そこで、試しにダイソーのスマホをケースと保護シートを使ってみたのですが、思いのほか優秀だったので紹介します。







ダイソーのスマホケースや保護シートでも強度は十分

100円と2000円のケースで強度に大きな差は感じない

100円で売っているケースなので、強度に不安がありましたが、試しに買ってみたところ、結構丈夫な作りになっていました。

何度か落としたりもしましたが、2000円程度のケースと、100円のケースで強度に大きな差は感じられません。

どちらもある程度は丈夫ですが、衝撃が強すぎると壊れる感じです。

唯一、100円のタイプで気になる点は、シンプルにスマホを覆うタイプで側面などは覆われていないタイプが多いので、落とし方によっては本体にダメージが入ってしまう可能性があります。

値段が高いほうが、ケースの種類は豊富なので、形状によっては、本体の破損リスクは減らせると思います。

100円の保護フィルムでも十分な機能

スマホのディスプレイに貼る保護フィルムは、100円でもペラペラなシートではなく少し厚みのあるガラスタイプのものを選べば、強度は申し分ありません。

何回から落としたのですが、フィルム自体にはひびが入りますが本体には傷はつきませんでした。

100円で買い換えられるので、フィルムにヒビが入ったらすぐに張り替えても、大したコストにもなりません。

100円スマホケース、保護フィルムの懸念点

正直、「スマホを破損から保護する」という目的であれば、100円の製品で十分な機能を備えていると思います。

しかし、やはり100円ならではの気になる点があるので紹介します。

製品ラインナップが少ない

iPhoneのスマホ関連グッズは比較的揃っていますが、それ以外のスマホを使っている場合、自分の機種に対応した製品が売っていない可能性があります。

似たような形状の商品があれば使えることもありますが、トラブル時に主に役立つものなので、やはり専用のものを購入した方が破損などのリスクは減ります。

100円で売っていたらラッキーくらいに考えるのが良いでしょう。

選べるデザインが少ない

100円のスマホケースは、ほとんどがシンプルなデザインの物ばかりです。

スマホもファッションアイテムの一部と考えている人には、100円のスマホケースは向いていません。

ただ、自分でケース自体を加工、デコレーションしておしゃれにするのであれば、失敗してもお財布的に大したダメージにならない100円のケースはお勧めです。

機能ではやや劣る

最近の保護フィルムは、高強度なのに操作性を損ねなかったり、ブルーライトカットや、鏡として使用可能なタイプなど様々な機能がついています。

100円の保護フィルムにも同じように、機能が付与しているタイプのものもありますが、値段が高いタイプの方が高性能だと感じます。

ただ、値段の差に見合った性能差か、と言われるとそこまでではないと思いますので、ちょっとくらいなら気にならないという人は100円の製品でも十分です。

おわりに

スマホもどんどン新しいのが発売されるので、そのたびにスマホケースや保護フィルムを買うのでは出費もかさんでしまいます。

強いこだわりがないのであれば、100円でも十分な機能を持った商品も売っていますので、一度試してみてはいかがでしょう。