Audibleで聴けるお勧め異世界転生系ライトノベルまとめ

スポンサーリンク

シェアする

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんにちは、リベルタです!

オーディオブックのサービス「Audible」では、「KADOKAWAラノベチャンネル」でライトノベルを聴くことができます。

私はライトノベルを読んだことがありませんでしたが、オーディオブックの定額サービスで何となく聞いてみたところ、すっかりはまってしまいました。

Audibleに収録されているのは、元々はweb小説として連載されていたものが多く、漫画やアニメ化されている作品もあります。

「アニメや漫画が面白かったから原作を読んでみたけど、活字を読むのはちょっと」という人にはオーディオブックはお勧めです。

また、小説として読んだ人でも、オーディオブックでは作品の登場人物毎に異なるナレーターがセリフを読み上げてくれたりするため、ライトノベルの世界観をイメージしやすく、読んだ場合とはまた異なる楽しみ方ができます。

今回は、私がAudibleに収録されている異世界転生系のライトノベルの中で、面白かったと感じた5つの作品を紹介します。

漫画版も合わせて紹介しますので、少しでも興味を持った人は試しに手に取ってみて下さい。






Audibleで聴けるお勧めライトノベル

無職転生~異世界行ったら本気出す~

Web小説:「無職転生-異世界行ったら本気だす-」

事故死したはずの34歳無職の主人公が、記憶を持ったまま剣と魔法の異世界に赤ん坊として生まれ変わるという話です。

34歳無職童貞ニートは無一文で家を追い出され、自分の人生が完全に詰んでいたと気付く。己を後悔していた矢先、彼はトラックに轢かれ呆気なく死んでしまう。ついで目を覚ました場所は―なんと剣と魔法の異世界だった!!ルーデウスと名付けられた赤ん坊として生まれ変わった彼は、「今度こそ本気で生きて行くんだ…!」と後悔しない人生を送ると決意する。前世の知能を活かしたルーデウスは瞬く間に魔術の才能を開花させ、小さな女の子の家庭教師をつけてもらうことに。さらにはエメラルドグリーンの髪を持つ美しいクォーターエルフとの出会い。彼の新たな人生が動き始める。―憧れの人生やり直し型転生ファンタジー、ここに始動!
※「BOOK」データベース

異世界ではあるものの人生をやり直すことに成功した主人公が、「今度こそ本気で生きる」という話なので、「自分の人生なんでこんなことになったんだろう」「人生やり直したい」という人がうらやむような内容です。

主人公は前世の記憶を持っているという強力なアドバンテージがあるにも関わらず、失敗した過去を教訓に調子に乗りすぎない点や、生まれ変われても性格の根本的な部分は変わっていないといった点が、物語の展開を面白くしています。

また、ウィットに富んでおりユーモラスな内容や下ネタが散りばめられている一方、「人生で大切なこととは」といった真面目な内容も描かれています。感情を揺さぶられるようなシーンやシリアスな場面などは、思わず引き込まれてしまう作品です。

盾の勇者の成り上がり

Web小説:「盾の勇者の成り上がり」

主人公は異世界の伝説の武器の一つである「盾」を持った勇者として召喚されるも、いきなり罠に嵌められて全てを失った状態から成りあがっていくという話です。
 
異世界系の作品で王道である、主人公がチートで常に陽の光が当たるような羨む展開ではなく「盾しか扱えず攻撃手段ほぼなし」「いきなりの冤罪で所持品、仲間無し」といった逆境からスタートする作品です。
 
「勇者として召喚される」といった作品は多数あり、「勇者として異世界でちやほやされてみたい」と思う人もいるかもしれませんが、全く逆の境遇から始まる珍しい作品で主人公も序盤でやさぐれてしまい、表面上の愛想は悪いが根はいい奴的なツンデレ系になってしまいます。
 
主人公と敵対する登場人物の身勝手さが強調されており、読んでてもイライラするような展開で「主人公頑張れ」と応援したくなるような場面が多いです。しかも、なかなかスカッとする展開にならないのも本作品の特徴ではないでしょうか。

オーバーロード

Web小説:「オーバーロード」

サービス終了のはずのゲームの中の最強キャラクターとして異世界転移してしまい、意思を持った強力なゲームキャラクターを従えて無双するという話です。

その日、一大ブームを起こしたオンラインゲーム、“ユグドラシル”は静かにサービス終了を迎えるはずだった。―しかし、終了時間をすぎてもログアウトしないゲーム。意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい…。現実世界ではゲーム好きの孤独でさえない青年が、骸骨の見た目を持つ、最強の大魔法使い“モモンガ”となる。彼が率いるギルド『アインズ・ウール・ゴウン』の伝説が、いま始まる!圧倒的人気のWEB小説の書籍化。
※「BOOK」データベース

ゲームの中ではアンデッドのキャラクターだったので、アンデッドらしい無慈悲な思考になっていく一方で、部下から尊敬、崇拝され続けるキャラクターを演じようと、責任感やプレッシャーを感じている人間らしい部分も持ち合わせています。

最強系のファンタジー好きにはお勧めの作品です。

この素晴らしい世界に祝福を!

Web小説は現在削除されている

交通事故により死んでしまったゲームを愛する引きこもりの少年が、女神と名乗る美少女と異世界でドタバタ劇を演じる話です。

この作品の魅力的な点は、一芸に秀でてはいるもののそのスキルを活かせない欠点だらけのキャラクター達のコミカルな掛け合いではないでしょうか。

主人公に異世界転生を進めながら、自分もまきこまれて一緒に転生してしまう抜けている女神、1日1回しか使えない強力な魔法しか覚えていない女魔法使い(アークウィザード)、防御に特化して攻撃が当たらないドMな女戦士など、一癖も二癖もあるようなキャラクターが、トラブルを起こしながら物語が進行していきます。

テンポよく軽快なやり取りが多いので手軽に読める作品なので、ラノベ初心者にもお勧めです。

フェアリーテイルクロニクル

Web小説:「フェアリーテイルクロニクル ~空気読まない異世界ライフ~」

不慮の事故でゲームと酷似した異世界に飛ばされてしまった二人の主人公が、道具の生産などの補助スキルを軸に、元の世界に戻るという目的そっちのけで異世界生活を満喫するような話です。
不慮の事故で飛ばされた異世界。そこには人気VRMMO『フェアリーテイル・クロニクル』と酷似した世界が広がっていた。ゲーム内で生産職人として高いスキルを保持していた東宏(あずま・ひろし)は、異世界で再会したクラスメイトの藤堂春菜(とうどう・はるな)と共に、自給自足の生活を開始する。武具に薬品に料理に家具に…と、その生産品は留まることを知らず、ついには異世界に無い物まで作り上げてしまう始末で…!?本来の目的であるはずの“元の世界へ帰る”はそっちのけで突き進む、モノづくり系異世界ファンタジー!
※「BOOK」データベース
主人公達が作るものが、異世界では反則級の効果や性能を持っており、その道具などを活かして問題などを解決していく一方、脱線を繰り返し本筋とは全く関係がないような食品を広めたりと、とにかくモノづくりに関する内容描写が細かい作品です。
 
全体的に説明描写が多いので、人によって好き嫌いは分かれるような作品です。

おわりに

Audibleで聴けるお勧めのライトノベルを紹介しました。

オーディオブック化されているだけあり、どれも人気のある作品です。

内容も、異世界転生チート、ゲーム内転生チート、など王道のものが揃っているので、ライトノベル初心者にも試しやすい内容だと思います。

また、今回紹介した作品以外にも魅力的な作品が沢山ありますので、一度オーディオブックでライトノベルを試してみてはいかがでしょうか。