オーディオブックの「audiobook.jp」と「Audible」を比較!違いや選び方を解説

スポンサーリンク

シェアする

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちは、リベルタです!

本を聴くことができるオーディオブックは非常に便利です。

では、どのオーディオブックのサービスを選べば良いのでしょうか?

代表的なサービスとして「audiobook.jp(旧Febe)」「Audible」があるので、そのどちらかを選んでおけば大きな失敗はありません。

ただ、「二つを比較した場合どっちが良いの?」という人もいるでしょう。

そこで今回は、「audiobook.jp(旧Febe)」と「Audible」の違いや、どちらを選べば良いかを解説します。






オーディオブックとは

オーディオブックとは、プロのナレーターが本を朗読した音声を聴くことができるサービスで、本を「読む」のではなく「聴く」ことができます。

オーディオブックの特徴に関しては以下の記事にまとめていますので、参照ください。

こちらもCheck!

「audiobook.jp」と「Audible」はどちらが良いか

それでは「audiobook.jp(旧Febe)」と「Audible」の違いを見ていきましょう。

audiobook.jp

audiobook.jp」はオトバンクが提供するサービスで、以前は「Febe」という名前でした。

audiobook.jpの料金プラン

audiobook.jpでは本を単品購入することができますが、お得なプランとして「月額会員プラン」と「聴き放題プラン」の二つがあります。

月額会員プラン

月額会員プランに加入すると、「価格+α」の本の購入に使えるポイントがもらえるので、単品で本を購入するよりお得なプランです。

月額300円~30,000円の間で設定されているプランから選ぶことができ、高額プランほどお得なポイントが付きます。

  • 月額会員300:税込み324円 ⇒ 350ポイント(24円分お得)
  • 月額会員30,000:税込み32,400円 ⇒ 40,500ポイント(8,100円分お得)

月額となっていますが、プランの変更・解約はいつでもできるます。

聴き放題プラン

月額750円で、聴き放題プラン対象の本が聴き放題になります。

「Audible」も聴き放題プランがありますが、2018年の8月末に聴き放題ではなくなるので、audiobook.jpならではのサービスになります。

聴き放題サービスは対象となっている書籍数は少ないですが、何冊でも聞けるうえ、初回は30日無料でお試し利用ができるので、オーディオブックを試してみたいという人や、速聴の訓練をしたいといった人にお勧めです。

audiobook.jpのコンテンツ数

全体では2万冊以上、聴き放題でも1万冊以上ありますが、聴き放題には新刊や話題作などのタイトルはほとんどありません。

Audibleと比較するとビジネス書関連が充実しています。

audiobook.jpの使いやすさ

専用のアプリをダウンロードすることでスマホで聴くことができるだけでなく、音源ファイルをダウンロードすることで、パソコンや音楽プレイヤーでも聴くことができます。

再生速度は、0.5倍~4倍まで変えることができます。

ただ、本を検索していたり、資料を開こうとすると「アプリが落ちる」といった不具合が起きます。レビューを見てもいくつか不具合が報告されているので、現時点でのアプリの性能はAudibleの方が快適です。

また、本を購入できるのはWebサイトだけで、アプリからは本を購入できません。

Audible

Audible」はAmazonが提供するサービスです。

Audibleの料金プラン

月額1500円の聴き放題プランでしたが、2018年8月末からプラン内容が変更になり、聴き放題ではなくなります。

月額1500円は変更なく、毎月1つコインがもらえ、このコインで本を購入します。使わなかったコインは翌月へ繰り越されますが、有効期限があり入手した日から6カ月以内となっています。

コインを使い切っても、会員であれば追加で定価の30%OFFで購入できますが、会員でなければ購入できないようです。

聴き放題では、サービス退会後はアクセスできなませんでしたが、コインで購入した本は退会後も聴くことができます。

一度コインで購入した本でも変品・交換ができます。変更回数についてaudibleに問い合わせましたが、回数は答えられないとのことだったので、回数制限があると考えられます。

Audibleも30日間の無料体験があるので、お試しで使ってみることもできます。

Audibleのコンテンツ数

聴き放題の段階で1万冊以上ありましたが、どんどんラインナップは増えています。何よりAmazonが運営しているので、今後の更なるラインナップの拡充が期待できます。

また、audiobook.jpと比較すると、Audibleの方が小説やライトノベルなどの物語系の書籍のラインナップが充実しています。

特に、ライトノベルは「KADOKAWAラノベチャンネル」というコンテンツがあり、「無職転生~異世界行ったら本気出す」「盾の勇者の成り上がり」「オーバーロード」など漫画やアニメ化された人気作品などが聴くことができるのも魅力の一つです。

こちらもCheck!

Audibleの使いやすさ

audiobook.jp同様、専用のアプリをダウンロードすることでスマホなどで聴くことができますが、音源をダウンロードすることはできません。

再生速度は、audiobook.jpよりは可変領域は狭く、0.75倍~3倍の間で調整できます。

比較まとめ

  audiobook.jp Audible
サービス 「単品購入」「聴き放題」の二つから選択可能 単品購入のみ
聴き放題サービス終了
コンテンツ 単品:2万冊以上
聴き放題:1万冊以上
ビジネス、自己啓発が充実
1万冊以上
小説、ライトノベルなどが充実
使いやすさ 再生速度:0.5~4倍
アプリに不具合報告あり
再生速度:0.75~3倍

それぞれサービス内容に微妙な違いがあるので、どちらのサービスがお勧めかは何を重視するかで変わってきます。

まずはaudiobook.jpがお勧めな人です。

audiobook.jpがお勧めな人
  • 定額聴き放題サービスが良い人
    定額サービスは、自分が聴きたいと思える本は少ないかもしれませんが、聴き放題なので自分の興味がなかった分野も試すことができます
  • 既に読書をしていてこれからオーディオブックを試してみたい人
    最初は定額サービスで何冊か聞いてみることをお勧めします
  • 速聴を練習したい人
    オーディオブックを聴き続けていると3倍速でも普通に聴くことができるようになるので、4倍速を試せるのはメリットです。時間の節約にもなります

次にAudibleがお勧めな人です。

Audibleがお勧めな人
  • 快適な操作性にこだわる人
    アプリのちょっとした不具合などは結構イライラするので、問題が少ないのはメリットになります
  • 小説やライトノベルなどの物語を聴く人
    ラインナップが充実しています
  • 本をほとんど読まないがオーディオブックをきっかけに読書を考えている人
    読書はしていないけどアニメや漫画などを読んでいた人などは、ライトノベルなどから入ることで本の楽しさを知ることができます

どちらのサービスが良いかを選ぶ目安としては、上記のお勧め項目以外にも、自分が読みたいタイトルを扱っているかどうかということも考慮すると良いでしょう。

おわりに

オーディオブックは、うまく取り入れることで、隙間時間や移動時間を有効に活用したり、学習効果を上げることができます。

それぞれのサービス毎に特徴がありますので、自分に合ったサービスを試してみて下さい。