Audibleの新プラン「コイン制」になると、定額聴き放題から何が変わるの?

スポンサーリンク

シェアする

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こんにちは、リベルタです。

2018年8月28日を持って、Amazonが運営するオーディオブックサービスのAudibleの料金システムが変わりました。

オーディオブックのヘビーユーザーである私にとっては、かなり重要なポイントなので、これまでのシステムとの変更点についてまとめていきたいと思います。






新旧Audibleの料金システムの相違点

システムの変更点

  • 従来システム:聴き放題
    • 月額1,500円で聴き放題
    • 退会後は使えない
  • 新システム:コイン制
    • 月額1,500円でコイン1枚付与
    • コインを使ったダウンロード方式に変更。会員は無料で変品・交換可能。
    • 退会後も聴くことができる
    • 非会員でも単品購入可能。会員は30%オフ

月額料金は1,500円と変わりませんが、聴き放題からダウンロード方式になりました。

ダウンロードできる、退会後も聴くことができるというメリットはありますが、聴き放題がなくなったデメリットの方が大きいと思います。

セット作品の場合は、4作品をコイン1枚と交換できますが、基本は1コインと1作品の交換になるので、ヘビーユーザーの場合は、複数作品を聴こうとするとかなり割高になります。

単品価格

  Audible
会員価格
Audible
非会員価格
audiobook.jp
コーヒーが冷めないうちに 2,170円 3,100円 800円
自分を操る超集中力 1,750円 2,500円 1,512円

単品で購入できるようにはなりましたが、オトバンクが運営する「audiobook.jp」と比較するとかなり割高です。

30%オフの会員価格で比較しても相当高いので、非会員としてAudibleを利用するメリットはなさそうです。Audibleを利用するのであれば、コイン制への登録は必須だと思います。

作品によっては3,500円以上の作品もありますが、コイン制に登録すれば1,500円のコインで購入できます。

また、一定の条件を満たした会員には、3コインまとめて購入できる特典も用意されるようなので、月数冊程度で十分という人には向いているかもしれません。

返品・交換

会員であれば無料で返品・交換が可能となっていますが、回数制限があるようです。

具体的な回数については明記されていませんが、聴き放題のように何作品も聴くことはできないと思います。

ただ、購入した作品がちょっとイマイチだったという場合には役立ちます。

コイン制になって変わったこと

人気タイトルのセット販売

コイン制では、原則コイン1枚で1作品と交換ですが、人気の高いタイトル4作品がコイン1枚で購入できるセット作品が販売されています。

ジャンル別に4種類のパックが用意されていますが、自分が聴きたい作品を選べるわけではないので、微妙です。

自分が聴きたい作品が含まれている場合は、コインで単品購入するよりはお得です。

  1. スキルアップパック
    ビジネスパーソンとして磨きをかけたい方にお勧めの作品
  2. コーチングパック
    バリバリ働くビジネスパーソンにお勧めの作品
  3. リーダーズパック
    読書好きにお勧めの作品
  4. リスナーズパック
    人気タイトルまとめ

また、セット作品としてカテゴリー分けされているわけではないですが、「朗読少女 4本セット」「朗読執事 8本セット」のように、比較的短い作品がセットになっている商品もあります。

著名人のベストセラー朗読作品追加

映画にもなった「君の名は」や、ホリエモンの「多動力」など、多くの新作が追加されていることに加えて、有名俳優や女優がナレーターとして朗読している作品が増えています。

400以上の独自コンテンツの追加と、20万以上の海外コンテンツも解禁されたようです。

Amazon.com傘下であるAudible(オーディブル)は、本日8月28日からサービス内容を変更した。料金は月額1500円のまま、これまで聴き放題だったサービスモデルをダウンロード販売に移行。あわ...

オーディオブックの欠点として「作品数が少ない」ということが以前からあったので、コンテンツが増えたことはかなりプラス要素です。

また、オーディオブックでは、ナレーターの存在というのも作品の印象を決める上でも大きな要素を占めます。

自分の好きな著名人が朗読している作品があれば、より楽しむことができると思います。

無料で楽しめる会員コンテンツの追加

聴き放題ではなくなったものの、ビジネス要約本やニュース、ヒーリングなど会員なら無料で聴けるコンテンツが追加されています。

試聴や繰り返し聴けるラジオのような感覚に近いかもしれませんが、自分の好みのコンテンツがある人にはうれしい機能かもしれません。

アプリからの購入不可

聴き放題の時は、アプリから作品を自分のライブラリにダウンロードすることができましたが、コイン制ではアプリでは購入できず、一度AudibleやAmazonのウェブサイトを経由しなくてはいけなくなりました。

アプリで全てが完結するというのはシンプルでわかりやすいシステムでしたが、サイトを経由しなくてはいけなくなったのはマイナスです。

まとめ

Audibleのプランが変更点について紹介しました。

  • メリット
    • コンテンツが大幅増加になった
  • デメリット
    • 月額価格が変わらないのに、聴ける作品数が大幅減
    • アプリだけで購入・ダウンロードができない

個人的には、聴き放題のプランを気に入っていたので、同じ金額で聴ける作品数が減ってしまったというのはかなり残念です。

コンテンツが増えても、聴き放題ではないとかなり費用が掛かってしまいます。

もう一つの大手オーディオブックサービス「audiobook.jp」と比較すると、聴き放題なら「audiobook.jp」、単品購入なら作品次第といったところだと思います。

詳細はこちらの記事にまとめていますので参照ください。

こちらもCheck!