WordPressでアプリを紹介する時に使える「Apple Store」「Google Play」のバナーの貼り方

スポンサーリンク

シェアする

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

WordPressの記事の中で、アプリを紹介したいようなケースがあると思いますが、ただ単にアプリのリンクを貼るだけでは少し画面が寂しいですよね。

そんな時に使えるのが、以下の「Apple Store」「Google Play」のバナーです。

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう

今回は、バナーの取得方法、張り付け方、について紹介します。






アプリのダウンロードバナーを取得

今回紹介する方法は、AppleとGoogleの公式サービスになり、以下の手順でバナーを取得できます。

  1. Appleのサイト「iTune Link Maker」またはGoogleのサイト「Google Play badge」へ行く
  2. 各種バナーを作りたいアプリの情報を入力する
  3. 表示されたコードをコピーする

AppleStoreのバナーを取得

まず、Appleのサイト「iTune Link Maker」にアクセスし、以下の操作を行い、目的のアプリを表示させます。

今回は「Pokemon GO」を例にします。

  • ①:自分がバナーを作りたいアプリ名を入れ検索
  • ②:ストア国を「日本」に変更
  • ③:メディアタイプを「App」に変更

表示された目的のアプリをクリックすると、以下の画面が表示されるので、直リンクに表示されるURLをメモしておきます。

このURLを、後々Apple Storeのバナーを表示させる時に使います。

GooglePlayのバナーを取得

Googleのサイト「Google Play badge」へアクセスします。

下のほうへスクロールしていくと、以下のような画面が表示されるので、次の操作をします。

  • ①:日本語のバナーを作る場合は、Languageを「Japanese」に変更。英語が良い場合は「English」のままでOK。
  • ②:Google Play Storeで目的のアプリを検索し、URLをコピーして貼り付ける。
  • ③:②でURLを張り付けると、左側にバナー用のコードが表示されるので、コピーする。

以上で、バナー作成用のコードの取得は完了です。

バナーのサイズ調整方法、張り方

上記で取得したバナーは、そのまま使うことはできません。

AppleStoreのバナーの場合は、テキストに張りつけても何も表示されません。

GooglePlayの場合は以下のようなサイズになるため、存在感が強すぎて紹介したいアプリより目立ってしまうでしょう。

Google Play で手に入れよう

そこで、コードの整形やサイズの調整が必要になります。

AppleStoreのバナーを調整

そのままでは表示されないので、アップルが提供しているバナーにリンクを追加するという方法をとります。

以下のコードの「ここにリンクを貼る」の部分に、上記で取得した直リンクのURLを貼り付けます

<a href=”ここにリンクを貼る“><img src=”https://linkmaker.itunes.apple.com/assets/shared/badges/ja-jp/appstore-lrg.svg” alt=”AppStoreで入手” height=”40″ style=”margin:10px 10px;”/></a>
上記のコードのコピペでうまく行かない場合は以下のコードをご利用ください。
 

そうすると、AppleStoreのバナーが表示されます。

AppStoreで入手

Google Playのバナーを調整

Google Playの場合は、取得したバナーにサイズを規定するコード「width=”任意の数字”」を追記します。

Apple Storeのバナーのサイズと合わせる場合は「width=”153″」を追記しましょう。

<a href=’https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo&hl=ja&pcampaignid=MKT-Other-global-all-co-prtnr-py-PartBadge-Mar2515-1′><img alt=’Google Play で手に入れよう’ src=’https://play.google.com/intl/en_us/badges/images/generic/ja_badge_web_generic.png’width=”153″/></a>
すると、以下のようにApple Storeのバナーと同じサイズのバナーが表示されます。

Google Play で手に入れよう

バナーの貼り付け方

取得した二つのバナーを、横並びに並べる方法、縦並びに並べる方法、中心に並べる方法、サイズの変更方法を紹介します。

①横並びにする方法

横並びに並べるには、調整したバナーコードをそのまま連続で貼り付けるだけです。

Google Play で手に入れようAppStoreで入手

②横並びで中心に持ってくる方法

①のバナーコードを<center></center>で挟みます。具体的には、先頭に「<center>」末尾に「</center>」を追記します。

Google Play で手に入れようAppStoreで入手

③縦並びにする方法

縦並びに並べるには、調整したそれぞれのバナーコードの間に<BR>を追記します。
Google Play で手に入れよう
AppStoreで入手

④縦並びで中心に持ってくる方法

②と③を組み合わせです。先頭に「<center>」末尾に「</center>」を、それぞれのバナーコードの間に<BR>追記します。

width="135"
Google Play で手に入れよう

最終的な④のコードは以下のようになります。

<center><a href=”https://itunes.apple.com/jp/app/pok%C3%A9mon-go/id1094591345?mt=8″><img src=”https://linkmaker.itunes.apple.com/assets/shared/badges/ja-jp/appstore-lrg.svg” alt=”AppStoreで入手” height=”40″ style=”margin:10px 10px;”/></a><BR>
<a href=’https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo&hl=ja&pcampaignid=MKT-Other-global-all-co-prtnr-py-PartBadge-Mar2515-1′><img alt=’Google Play で手に入れよう’ src=’https://play.google.com/intl/en_us/badges/images/generic/ja_badge_web_generic.png’width=”153″/></a></center>
Apple Storeのコードの「height=”40″ style=”margin:10px 10px」、Google Playのコードの「width=”153″」の橙色の部分を変更すると、バナーのサイズを変更することができます。

おわりに

自分が紹介したいアプリの記事のレイアウトに合わせて、バナーのサイズを調整して活用してみてください。

また、もしかしたら、『コピペでうまく行かない』という人がいるかもしれません。

私が試した範囲では、大抵の場合は「”」などがうまく反映されていない、Apple Storeのコードの「style=”margin:10px 10px;」の部分が消えてしまっている、のどちらかだったので、該当部分を確認してみて下さい。